記事一覧

2台目のパルスオキシメーター

前回、パルスオキシメーターが不安定で困っているという記事を書いたら、たくさんとてもご親切なコメントを頂きました。本当にありがとうございました。パルスオキシメーターなんて、呼吸器の患者さんやその家族以外では知らない人が多いのでしょうね。それを、わかってくれる仲間がこんなにいるということをとても嬉しいと思いました。コメントのアドバイスを聞いて、電池をかえたり、指を少しあたためたり、おちついて座って測っ...

続きを読む

パルスオキシメーター

この頃、パルスオキシメーターが変なのです。例えば、酸素飽和度を測ると、97とでて、「お!いいじゃない!」と思うと96、95,94、93、92、91と下がっていって又、92、93、94となったり、94、93、94、93、92となったりします。ジムで歩きながら、測ると、早く歩くと90をきり、90、89、8887とさがっていく点をみれば、あっているのかもしれないと思います。帰宅して、「ちょっとハアハアい...

続きを読む

整体院と整骨院

なんかだるい、調子が悪い、肩がこってしかたがない、などなんとなく具合が悪い時、「なんとかしてくれる場所」がありますか?そういう時、整体院とか整骨院とか鍼灸師のところはどうでしょうか?リフレクソロジー、カイロプラクティック、マッサージ、整体、整骨、鍼、お灸、色々ありますね。一番よく見られる整体院と整骨院、どういう違いがあるのでしょうか?最近になってようやく違いがわかりました。整骨院(接骨院)というの...

続きを読む

認知症の詳しい検査

実は、つれあいのことで、2月から心配なことがありました。物忘れが急にひどくなりました。心配になったのは、大きなエピソード全体がすっぽり抜けてしまっていることが何度もあることに気がついたからです。たとえば3年前、息子が婚約者をはじめて紹介したいと4人で食事をしたことがありましたが、「そんなことはなかった」というのです。息子はモンゴルで仕事をしています。NPOでモンゴルに来ていた女性と結婚することになり...

続きを読む

検査結果

次の大きな病院の予約は6月なので、かかりつけ医で気になっているものの検査をしてもらいました。      基準値                12月2日     4月4日KL-6           0〜499        2,744                  1,326SP-A           0〜43.7     &nbs...

続きを読む

ゆる体操

「ゆる体操」というのを知っていますか?友達が「ゆる体操」の正規指導員をしています。彼は70才を超えても、身体中、どこも悪いところがありません。彼をみていると、「ゆる体操」がとても効果があるという実例なんだと思います。もって生まれたすぐれた遺伝子があるのかもしれません。でもお父上は早くに亡くなられたと聞いています。彼が元気なのは、やはり「ゆる体操」のおかげなんだと思います。私の病気を知って、ブログを...

続きを読む

身体と心に良いことばかり

娘からのラインです。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜往年の金メダリスト(アメリカのフィギュアスケート)のスコットハミルトンが、インタビューで自分の脳腫瘍の話をしていた。2004年にはじめてできて、2010年に再発して去年また再々発。もう辛い治療はしたくないし、手術も嫌だしということで今回は様子をみることにしたんだって。それで、一念発起して、生活を見直して、体に良いものしか食べない、運動もちゃんとする、教会...

続きを読む

リビングウイル

桜が満開になりました。どうして桜を見ると幸せな気持ちになるのでしょう?すみれだって、たんぽぽだって、バラだってきれいなのに。桜は一時期だけ、広範囲で咲くから?ピンクの薄桃色がなんともきれいだから?そんな幸せな気分なのに、書き始めてしまった緩和ケアー関連の話。もう少し書いてみようと思います。 以下のような文を書いた紙をお財布にいれていつも持ち歩いています。交通事故などで血小板減少の病気のために重...

続きを読む

緩和ケア(続き)

一昨日の記事の後、思い出したことがありました。姉の夫のことです。彼は妻である姉が亡くなった後、身うちが殆どいなくなってしまいました。義兄は、両親、兄弟も亡くなっていて、子供はいないので姉亡き後は、妻の妹である私(と妹)が一番近い身うちになってしまいました。年に数回会う程度の、義理の妹たちが、彼の生活を決めていかなければなりませんでした。肝臓ガンと認知症がありましたが、高度医療病院は長い入院は認めら...

続きを読む

緩和ケア

今日はとても重い暗い話です。そういう話はイヤと思う方は読まないでください。肺がん末期の友達がいます。去年の10月に主治医に「あと何年生きられますか?」と聞いたら「年単位ではなく月単位です」と言われたそうです。腎臓癌の手術、肺癌の手術をへて、またたくさんの肺癌が再発した彼は、抗がん剤他いっさいの治療をことわりました。前の年に膵臓癌と胆管癌で亡くなった友達の辛い大変な抗がん剤治療をみていたからです。人...

続きを読む

プロフィール

み〜な

Author:み〜な
2016年11月、間質性肺炎と診断されました。
70代はじめの女性です。
検査や症状などの経過を書いてみたいと思います。
時々、フィギュアスケート、本、ドラマなど
楽しいことも書くつもりです。

月別アーカイブ

フリーエリア