記事一覧

連れ合い、ボケた?(パート2)

先日、連れ合い、ボケたかも?と書きました。「ちょっと変かもしれない」が、今も時々あります。昨夜は、高校の仲間の集まりで、ちゃんと会計係りをしたのだそうです。でも、皆からお金を徴収してお店に払ってお店をでたら、いつも持ち歩いていたバッグを置き忘れてきたことに気がついて戻ったんですって。自分では、「一度に二つを覚えられなくなってるのかな」と言っています。そんなことは誰にでもあることなんだけど、娘が「あ...

続きを読む

歯型をとりました

歯医者さんで、歯型をとりました。経験のある方は、「あ〜、あれね」と思われるでしょう。そ〜、あれなんです。苦手です。先生は、大きさをはかるために、SとMの金属の型を試してみて「Sにしましょう」といって、なんやらピンクのかたまりをもりつけて、口の中にいれてきました。ぐちゃっとしたものが口の中いっぱいになり、「お鼻でゆっくり息してくださいね」と。息が苦しい!もちろん何も言えません。苦しい中、考えました。「...

続きを読む

連れ合い、ボケた?

我が家では、炊飯器の予約をするのは連れ合いです。夕食は6時半から7時位の間なのに、わりとセッカチだから午後4時くらいにセットしています。数日前、食事をしようと、炊飯器をあけたら生のお米のまま!「予約」のボタンを押しただけで、下にある「炊飯」のスイッチを押し忘れたのだと思いました。「あら、炊飯のスイッチ忘れちゃった?」「そうかもしれないな」「じゃあ、お餅入れるからいいわよ」とやさしく言いましたが、内...

続きを読む

小林麻央さんのブログを読み続けて

昨日からずっと小林麻央さんのことを考えています。テレビでも大きくとりあげていて、このブログ村の方も何人かコメントされています。私が何かを書くべきでもないと思ったのですが、はじめから全部、麻央さんのブログを読んできて思ったことを書いてみたいと思います。1。「自分で発信」去年の6月に病気のことを海老蔵さんが公表し、麻央さんは9月からブログを書き始めました。私が読み始めた動機は少し興味本位だったのかもし...

続きを読む

日本の医療、世界一?

皆さんは、日本の医療制度がとてもすぐれているということをご存知でしょうか?私はあまり意識したことはなかったのですが、娘がアメリカに暮らして20年の間に色々アメリカの医療のことを聞いてきて、日本人は医療について恵まれていると感じるようになりました。今日は、日本の医療の特徴について書いてみようと思います。特徴その1 国民皆保険1961年に全国の市町村で国民健康保険事業が始まり、誰でも、どこでも、いつで...

続きを読む

インフォームド・コンセント

インフォームド・コンセント(英: informed consent)とは、「正しい情報を得た(伝えられた)上での合意」を意味する概念。とウィキペディアに書いてあります。ちょっとわかりにくいです。よく説明を受けた上、充分理解して、自由意志で、医療側に同意することと説明している病院がありました。これが一番わかりやすいと思います。充分理解することが大事だと思います。又、こうも書いてあります。患者・被験者側も納得する...

続きを読む

トマトのリコピン

ステロイド減量の体調で色々な方が心配して下さいました。ありがとうございました。おかげさまで、昨日あたりから、殆どその影響はなくなったようです。私の副腎ががんばって1ミリ程度のステロイドを作りだしたのか、身体が4ミリで生きてみようと思ったのかどうか? いずれにしても夜中の寒気、異常食欲、息切れなどから解放されました。身体の痛みはもともとあるのでしかたがありません。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜6月13日のテレ...

続きを読む

脳への伝達経路

ステロイド1ミリ減の影響はまだ続いています。真夜中の寒さはそばに毛布をおいておき、寒さを感じたらくるまれば、どうにかなるようになりました。嬉しいことに、一番大事な肺の不具合は良くなり、咳も息切れも少なくなりました。身体のかなりの痛みと食欲増進は続いています。自分で勝手に「副腎おもてなしウイーク」と名付けて、糖質制限の規制を今週ははずしてみることにしました。私の副腎がそれを喜んでくれるかどうか全くわ...

続きを読む

たかが1ミリ、されど1ミリ

6月13日の大学病院の診察で、翌日からステロイド5ミリを4ミリに減量することになりました。14日夜中の3時、寒くて目が覚めました。すごく寒くて毛布をかけて寝てみましたが、まだ寒くて、起き出してホットミルクをのみました。ついでにクッキー5枚も。それでもまだ寒いのです。パジャマを冬のものに着替え、ヒートテックのパンツ下と冬物ソックスにし、首のあたりにはフワモコの肩掛けまでかけて、真冬のようにしてみまし...

続きを読む

迷走患者

 本屋さんをのぞいたら、岩瀬幸代さんの書いた「迷走患者」という本がど〜んと積まれていでました。題名に惹かれて手にしたらおもしろそうです。つい最近4月に発行されたばかりの本で、買ってしまいました。本屋さんの作戦にまんまとひっかかったんですね。早速、読んでみたら、とてもおもしろい本でした。岩瀬さんは、海外旅行ライターとして20年以上にわたり、40国以上、100回を超える渡航を繰り返した人です。スリ...

続きを読む

大学病院での検査結果

今日は3月以来の大学病院での検査と診察日でした。(あいだにかかりつけ医で毎月、血液検査しています)1。私「肝臓の主治医から、私の間質性肺炎は、C型肝炎由来のものか、C型肝炎の飲み薬の副作用ではないかと言われました。薬剤性の間質性肺炎の可能性がありますか?」先生「可能性はあるかもしれないね。」  「その薬を調べてみたいです。ありますか?」私「手元にもうないけど、今度もってきます。」(薬名はわかっている...

続きを読む

ブログタイトル変更

このブログを始める時は、病気のことだけでなく、あいまに趣味のフィギュアスケートや本やドラマのことなど楽しいことも書くつもりでいました。ところが他の方のブログを読むうちに、そういう場違いなことを書きたくなくなりました。病気のことだけを知りたくて読んでいらっしゃる方もいると思ったのです。ちょっと前の私がそうでした。それでブログタイトルについていた(スケート&本&ドラマ)をやめて(2016年12月)と発...

続きを読む

足の指で遊ぶ

足の指なんて以前は気に留めたことがありませんでしたが、最近は、テレビを見ながら、なんとなくぼ〜〜〜っとしている時、足の指で遊んでいます。1。足の指じゃんけんストレッチのクラスで、はじめて、足の指じゃんけんを教えていただいた時、先生の足の指がきれいに、「グー チョキ パー」になるのにびっくりしました。私はぜんぜ〜〜〜ん、できませんでした。足の指の鈍いこと! 例えば中指を動かそうと思ってもいうことをき...

続きを読む

抜歯しました!

今日は歯医者さんで、型取りの予定でした。でも、突然、抜歯に変更になりました!「え〜〜〜〜〜 抜歯ですか????」確かに、「奥の歯がグラグラで痛いんです」とは言いましたが、「ブリッジの支えの歯をぬいちゃっても大丈夫なんですか?」「はい、代わりのものをいれますから」覚悟もできないうちに、抜歯が決まりました。今の歯医者さんは3ヶ月前から通いだしたところで、大きな治療は初めてです。やさしい若い女医さんです...

続きを読む

コレステロール論争

先日の検査で、私の総コレステロールは 236 (基準値 150〜219)HDL(いわゆる善玉) 73 (基準値  40〜90)LDL(いわゆる悪玉)127 (基準値  70〜139)HDLは高い方がいいので、私の73は立派な基準値内です。LDLは低い方がいいけれど、127は基準値内です。 しかし総コレステロールとなると基準値より少し多くなるのです。「ひとつずつが基準値なのに、総コレステロールになるとなぜ高くな...

続きを読む

6月の検査結果

KL−6下がりました!目標の「1000をきる」には届きませんでしたが、あと少し!(500きりたいなんて大それたことは望みません)   基準値    12月2日  5月1日   6月1日KL-6   0〜499     2,744      1,247      1,086 SP-A   0〜43.7          70.1              59.7      ...

続きを読む

生涯未婚率

今日は間質性肺炎の話ではありません。ふと気になったことを書いてみたいと思います。「生涯未婚率」という言葉をニュースではじめて聞きました。今年の調査では男性の生涯未婚率は23.4%だそうです。あらら、男性の4人に一人は生涯、結婚しないということになります。(離婚した人は入れてない数字です。)女性が14%なのは、男性は再婚、再々婚する人がかなりいるからだそうです。1950年には男性の生涯未婚率はわずか...

続きを読む

ステロイド減量のやり方(私の場合)

「間質性肺炎」と診断されてから半年すぎました。今ふりかえると、診断後1ヶ月後位までのことをはっきり覚えていません。「間質性肺炎」をネット検索したら、結構大変な,、治ることのない病気とわかり、オロオロしてしまったからだと思います。冷静だと自分では思っていたのですが、頭が真っ白という状態だったのでしょう。「KL−6が2000以上ある場合は、高速並みに進行、余命は1年半」というのを読んで、かなりショックをう...

続きを読む