記事一覧

睡眠薬について

暑いです!蒸し暑い曇りの日の30度の日には、夏らしい太陽の35度の方がいいと思っていましたが、今日のような酷暑の日はやはり30度の方がましだったと思っています。良い睡眠ができていないような気がします。かかりつけ医のクリニックが8月末に閉鎖のため、9月から別の内科医を探さなければなりません。今のかかりつけ医が診療情報提供書を書いて下さっています。(診療情報提供書を書いて頂いて常時持っているとよいと患...

続きを読む

認知症の家族に言われたひどい言葉

Mちゃんのお母さんが認知症にかかっていたという話を前から聞いていました。少し前になりますが、Mちゃんは、お父さんが亡くなって一人暮らしになったお母さんの介護のため、実家に戻ってめんどうをみていました。ある日お母さんがベッドの上のところに頭をはさみこみ、救急車で病院に運ばれるという事故がおきました。病院でお母さんは、お医者さまや看護婦さんに「この子に毒をもられました」と言ったのだそうです!医療関係者は...

続きを読む

肺のお勉強 1

肺 胞はいほう前にも肺について記事を書いたことがありますが又、肺のお勉強をしようと思いました。とりあえず、一番やさしそうな部分を理解してみようと思いました。絵がついている方が私にはわかりやすいです。〜〜〜〜〜〜〜肺は、空気中の酸素をからだに取り入れ、いらなくなった二酸化炭素を外に出すはたらきをしています。鼻や口から吸い込んだ空気は喉頭を通り、気管に入ります。気管は左右の肺の中に入ると二つに分かれて...

続きを読む

丸ビル35階のレストラン

歯医者さんで大きな治療をするのでその後しばらくは食事も会話も楽しめない、というようなことを先日ブログで書きました。それを読んだ仲良しから「その前に一緒にランチしませんか?」というとても嬉しいお誘いがありました。今日、丸ビル35階というすばらしいロケーションのレストランで楽しい時間をすごしてきました。皇居をはるか下にのぞむすばらしい景色です。おしゃれなレストランでゆっくりランチなんて、実に久しぶりで...

続きを読む

遺伝の不思議さ

昨日、娘と遺伝の話になりました。孫が色々なことが不安になるタイプで、今は8月末に受ける(大学のための)SATが気になってしかたがない様子なのです。日本のセンター試験と違い、全部で7回も受けられるのだから1回目はお試しという感じでいいのにと思いますが、孫はそういうふうには思えないのです。娘がRちゃんと結婚した時、彼はまだ獣医の卵でした。インターン、レジデント、州の試験、専門医の試験、数え切れないテストが...

続きを読む

アップルサポートセンター

ノートパソコンが半年くらい前から変でした。すぐ暗転してとまってしまうのです。電源をつけていないとあっという間にバッテリーがゼロになってしまうのです。「電源をつけてさえいればいいのだから」と延ばし延ばしにしていましたが、1日家にいる何の予定もない昨日、決心しました。と言っても自分で何かするわけではなく、アップルサポートセンターに電話するのです。(ずっとマックを使っています)このセンターに電話するには...

続きを読む

次回の歯医者さんですること

前回書いた酸素飽和度をあちこちで測りました。少し苦しい時は炎天下歩いた時、荷物を持っていた時、階段登った時、自分の体感と酸素飽和度が大体一致して、ひどい時は84位になることもわかりました。パルスオキシメーターに頼らず自分で苦しいと思った時は休むということを実行したいと思います。昨日は暑いなか、歯医者さんに行ってきました。できあがった上の歯全体の仮入れ歯があうかどうか試し、次回する色々なことについて...

続きを読む

酸素飽和度87って?

最近、外出先から帰ってくると、マンションのエレベーターに乗る時、帰宅して玄関を入る時など、息切れして「調子悪いのかなあ」と思っていました。それでパルスオキシメーターを持ち歩き、測ってみました。ちょっと息切れするなと思う時は、90を切るようになりました。ここ数日は87です。しばらく休むと93位に上がってくるのですが「90を切るのはよくない」と思っているので気になっています。呼吸数は110位になってい...

続きを読む

カップヌードルミュージアム

最近、他の方のブログを読んでいると、体調がすぐれない方が多いようで悲しいです。肺は夏の方が具合がいいのかと思っていましたがそういうわけでもないのでしょうか? 猛暑の影響もあるのでしょうか?皆様の体調がよくなりますように心から祈ります。具合のよくない方がいるのに、のんきな内容を書いている時は申し訳なく思いますが、今日はのんきな内容です。15才の孫のおかげで、知らなかったことを色々教えられています。先...

続きを読む

仙骨の痛み

今日の東京、最高気温が35度でした!29度と聞けばそうでもないのでしょうが、35度と聞いただけで本当にげんなりしてしまいます。今後1週間の予報をみても、ずっと33度〜35度なんです。どこかのテレビで「9月末まで1日も30度を下回る日はないでしょう」なんていう予報を気象士さんが言っていました。猛暑の中どうやって過ごせばいいのでしょう?日本に一時帰国していた娘と孫娘が今日、アメリカへ戻って行きました。...

続きを読む

表参道のすてきなカフェ

 15才の孫のリクエストで、素敵なカフェに行ってきました。娘が友達と会うので二人で行ってほしいと言われたのです。「表参道に行きたい」というので「表参道ヒルズで涼しく上から下までみよう」と思っていたのですが、調べまくっている孫が一番行きたいのはデンマーク人のデザインするお花屋さんと一緒になっているカフェでした。(ニコライ・バーグマン)というお店です。表参道駅からの道を、孫はスマホの地図アプリの示...

続きを読む

アメリカの大学入試制度

アメリカに住む高1の孫は、大学入試のためSAT(センター試験のようなもの)をまもなく受けるそうです。「のんびり遊んでる場合ではないの」と言いながらも、日本の滞在を楽しんでいます。「大阪ってすごく暑かった!」「でもUSJが一番楽しかった」と「まだ15才」と思わせてくれます。今はミニオンがお気に入りでたくさんグッズを買ってきていました。ハリーポッターもよかったそうです。ミニオン知らないと時代遅れみたいです。...

続きを読む

未来ノート(ひととき欄より)

今日7月13日(木)朝日新聞の「ひととき欄」(渡辺えりさんがまとめたページ)に、昨日私が書いたこと(3番)に関連する記事が掲載されていました。長尾和宏氏は「葬儀について家族で話すとか葬儀屋さんと話すのがいい」と書いていましたが、私はそれはハードルが高すぎると思いました。この記事を読んでとても良いヒントを得られた気がします。2月14日「未来ノートは生きる力」を書かれた金澤里菜さん(20才)は「残され...

続きを読む

苦痛のない死に方

7月はじめだというのに、毎日ものすごく暑いです。この夏はひどく暑くなるとお天気お姉さんもお天気おじさんも言っていました。肺は夏の方が調子がいいようですが夏バテで体調悪くなりそう。皆様もどうかお元気でお過ごし下さい。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜長尾和宏氏(医師)の「痛くない死に方」という本を読みました。4年前のベストセラー「平穏死10の条件」を痛みと苦しみに焦点を当ててリニューアルした本です。長尾氏は、在宅...

続きを読む

クリニックの閉鎖

かかりつけ医のいるクリニックが突然、閉鎖してしまうことになりました。私が20年近くかよった信頼できるお医者様と大好きな看護婦さん達のいるクリニックです。親しい看護師長がわざわざメールで知らせて下さいました。びっくり仰天、唖然呆然、小さい個人病院ならいざ知らず、相当大きなクリニックが閉鎖なんていうことがあるのでしょうか?私もびっくりしましたが、お医者様達も看護婦さん達や受付やレントゲン技師などスタッ...

続きを読む

ハニトー

「ハニトー」とはトーストの一種で、はちみつトーストのことです。食パンに切れ目をいれバターをのせて焼き、上から蜂蜜をかけます。上にチョコレート、アイスクリーム、ベリー、生クリーム、バナナなど色々なものをのせます。私が行ったお店の一番人気は、ハニトー1斤の上にアイスクリーム、バナナ、生クリーム、チョコレートをのせたものでした。「東京に行ったらこれがおすすめ」というページにでているとかで、孫がみつけて、...

続きを読む

豪快オトコ飯

 先日来、連れ合いがちょっとボケかけたかもと心配になり、脳の活性化のためにお料理教室に行ってもらうことにしました。今日が第1回でした。連れ合いは、ちょっとしぶしぶ行ったのですが「よかったよ〜」と最高に満足して帰ってきました。豪快オトコ飯、「フライパンひとつで作る」というタイトルのコースです。(タイトルのつけ方が秀逸ですね)第1回はビビンバ、わかめスープ、生姜シロップかけミルクゼリーの3品でした...

続きを読む

7月検査結果

KL−6少し上がってしまいました!ずっと下がってきたのに上がって、がっくりです。SP-A   SP-D もちょっと上がっています。ステロイドを1ミリ減らした結果でしょう。   基準値    12月2日  6月1日    7月3日(今回)KL-6   0〜499     2,744          1,086            1,195 1,08   1,SP-A   0〜43.7 &nbs...

続きを読む

犬や猫の間質性肺炎

今、アメリカに住む娘の夫が日本に来ています。彼は獣医をしています。なかなか仕事を休めないのですが「お母さんが間質性肺炎!それは大変」と駆けつけてくれたようです。「動物のお医者さん」というと、人間味にあふれた、あたたかい、やさしい人柄で、動物大好きな、ちょっぴり太めの人を思い描きませんか?でもRちゃんは、ちょっと違います。彼は「冷静な外科医」というイメージです。脳外科専門なのでそんなイメージなのかも...

続きを読む

間質性肺炎と診断されてまもない方へ

間質性肺炎と診断されて半年すぎました。「間質性肺炎」と最近、診断されて、不安でいっぱいの方へこのブログの記事が届くといいと思って書いています。あまりよく知られていない病気だし、ネットを見ると暗い話が多くて「どうしたものか」と、心を悩まされているかと思います。以前も書いたことがありますが「すぐには死なない」「すぐに苦しくなるわけではない」「時間はある」「どんどん悪化するわけではない」「なんとかなるか...

続きを読む

国際結婚(娘の場合)

今日、娘一家がアメリカからやってきました。娘と孫娘は半年に1度は帰ってくるのですが、娘の夫は日本へは10年ぶりです。私が間質性肺炎になったので「日本に行こう」と思ってくれたのでしょう。3年前、娘一家が今の家に引っ越しした時にアメリカに行きましたので、娘の夫のRちゃんと会うのは3年ぶりになります。娘が国際結婚をするなんて、全く夢にも思いませんでした。色々な点で日本が好きな娘で、アメリカに憧れも興味も...

続きを読む

ひとこと日記(5年日記)

去年の12月に「間質性肺炎という難しい病気になってしまって、余命は1年半らしいの」と何人かの親しい友達に言いました。そしたら「ひとこと日記」を送ってくれた友達がいました。毎日ひとこと(1行)ずつ書く5年日記です。「5年日記って、そんなに生きられないのにな」と思いましたが「5年は生きて下さいね」というやさしさだと、とても嬉しく受け止めました。初めて見ましたが、見開き2ページに2017年から2021年...

続きを読む