記事一覧

今年一年ありがとうございました

2017年も残すところあと1日になりました。年が明けるってどういうことなんでしょう? 考えると、なんか不思議な気がします。去年の今頃は「間質性肺炎」とわかって1ヶ月、呆然としたり、入院したり退院したり、なんだかわからないうちに年を越していました。あの頃よりは「間質性肺炎」のことを少しわかったような気がします。去年と今の一番大きな違いは「間質性肺炎」のブログ村の村人になったことだと思います。3月から...

続きを読む

新しい湿布薬、ロコアテープ

かかりつけの整形外科の先生の勧めで、ロコアテープというのを使ってみました。2016年1月に発売された新しい湿布薬です。貼り薬でありながら、飲み薬に近い性質を持った薬だそうです。「エスフルルビプロフェン」が有効成分で、ロキソニンなどのNSAIDに分類される痛み止めです。海外での実績はなく国内もまだエビデンスが少ないそうです。(それってちょっと心配)先生も薬剤師さんも、とても丁寧に説明して下さったのですが...

続きを読む

真冬に新玉ねぎ!(鉄板焼き)

私の二つ目の大イベント、鉄板焼きに昨夜行ってきました。なんとも言えないほど美味しかったです。文の力より写真に伝えてもらおうと思います。前菜は、佐賀牛、カブと微量のトリュフと微量のフカのヒレスープ、貝の和え物とか。詳しい説明がありましたが覚えきれませんでした。 普通のニンニクの数倍の大きさのジャンボにんにくを炒めたものが、とっても美味しいです。 この玉ねぎは、冷蔵庫に入れて冷やした玉ねぎを、...

続きを読む

女3世代の温泉記

今月の大きな目標であった温泉に、娘と孫娘と一緒に行ってきました。とても楽しいことがたくさんありました。温泉宿にはお正月らしい飾り付けがあちこちにありました。仲居さんは偶然1年前と同じ「さちこさん」で娘たちがアメリカに住んでいることを覚えていてくれました。「お嬢様」と話しかけられて孫娘のことか娘のことかと迷ったり「お母様は」と言われて娘なのか私なのかわからなかったり「3世代なんだなあ」と感じました。...

続きを読む

膝が痛い、鍼?それとも整形外科?

この間から膝がとても痛くて困っています。「ひざ痛が消える、魔法の5分間体操」と言いう本を見てマッサージをしていますが、魔法が起きるわけではありません。湿布は少し効きますが、痛みはひどくなるばかりです。とりあえずこの痛みを一時的にでもとるにはどうしたらいいかを考えています。関節が擦れる変形性膝関節症の痛みではなく、膝周り全体の筋肉の痛みだと思います。立ったり座ったりする時や歩いている時だけでなく、何...

続きを読む

次の検診日までどう乗り切る?

今年もあと一週間となり、まもなく華やかなイルミネーションやクリスマスソングとお別れです。クリスマスの雰囲気が大好きなのでちょっと寂しいです。年末年始で何か慌しい気分の中にいます。次の検診日は1月16日で、血液検査の他に半年ぶりのCT検査の予定が入っています。自覚症状から、KLー6は上がっていて、CTの画像では悪化が見つかる気がします。でも年末年始の前後に予約なしで病院に行くには色々な不都合がありそうなの...

続きを読む

断捨離の神様が降りてきた!

もう30年も使っている年代物の食器棚がありました。5日前に、その扉を閉めようとしたら外れてしまいました。蝶番の一部が折れてしまったのです。妙に複雑な蝶番で、連れ合いと二人で汗だくになりながら色々工夫して見ても直りません。器用な人ならちゃっちゃと何かできるのかな?とりあえず外したまま使っていましたが、だんだん侘しい気がしてきました。よく見たら薄汚いし収納もたっぷりあるわけでもありません。高さも不十分...

続きを読む

最近のちょっと不安な体調

土曜と日曜はどこにも出かけずにじっと家にいました。じっと家でおとなしくしている方がいいのか、時には散歩とかある程度の筋トレをした方がいいのかを時々悩みます。息苦しさの他に膝がかなり痛いので、しばらくおとなしくしていようと思っています。以前、整形外科の先生が「動物でも小鳥でも痛いときはじっとおとなしくしているんですよ」という言葉がとても印象的だったのです。でも、昨日はネイルの予約があり銀座に出かけま...

続きを読む

人生、何があるかわからない

先日、中学の時からの友達とランチの予定でした。「これで会っておきたいと思った人とは全部会ったことになるな」と思っていたら、会うはずだったAちゃんからメールが来ました。一週間前の夜中に背中の激痛で救急車で緊急入院したのだそうです。え? びっくりしました。そしてすごく心配になりました。退院して家にいるというので電話をして詳しく聞きました。救急隊員はまず大動脈解離を疑い、次は狭心症、心筋梗塞を疑ったそう...

続きを読む

肺がん末期のAくんとの忘年会

小学校の同級生に、去年の10月に「肺がん末期で余命数ヶ月」と言われたAくんがいます。Aくんのことを聞いて、びっくりして小学校の仲間が去年の12月に23人も集まりました。私が幹事をしていたのですが、集まりの直前に「間質性肺炎」であるとわかって入院して、私だけが行けなかったというハプニング付きです。その時のAくんはまだとても元気でした。腎臓がん、前立腺がん、肺がんをクリアしたのに、肺がんが再発してもう末...

続きを読む

たけしのテレビで間質性肺炎

昨夜のたけしの「家庭の医学」ご覧になった方ありますか?録画をしたのを朝ざっと見たのですが「間質性肺炎」が出て来てびっくりしました。認知度の低い病気を取り上げてくれてありがたいと思いました。ある女性の症例が紹介されていました。ひどい咳が長引いて、大学病院で間質性肺炎であるということはわかったのですが原因がわかりませんでした。ここまでは多くの間質性肺炎の患者が経験していることだと思います。ここからが違...

続きを読む

こんにゃく畑♪

 逆流性食道炎は「タケキャブ」をのんで翌日にほぼ良くなりました。翌日にイタリアンのランチコースを食べてしまったのですがなんともなくてホッとしました。食べられるようになると早速、真剣にダイエットを考えないとなりません。長い人生ずっと9サイズで生きてきたのに、ステロイドをのんで8キロも増えてしまった体重をなんとかしなければならないのです。♪マンナンライフの蒟蒻畑♪というCMがテレビで何年も流れていまし...

続きを読む

孫娘はネガティブ思考でした

私の孫娘は、結構ネガティブな考え方をする子なんだと最近になって気がつきました。私にはそういう面を見せなかったのですが、娘から色々聞いているうちに「そうか、あの子はネガティブ思考なのか」とわかったのです。何でも不安になり心配する性格です。次々心配事を見つけてしまいます。小さなテストでも「間に合わない」「できない」と大騒ぎです。ピアノの発表会の前には「絶対間違える」「私には弾けない」と泣いてしまいます...

続きを読む

2度目のかかりつけ医

長いことかかっていたクリニックが、周辺の土地買い占めにより8月いっぱいで閉鎖になってしまいました。クリニックが閉鎖なんて本当にびっくりです。私のレントゲンやCTや定期検診のデータがなくなるなんて、そんなことがあっていいのでしょうか? でも事実そんなことが起きたのです。C型肝炎のために毎日1000ミリもの静脈注射が必要で10年以上も通っていたところです。慣れてしまったので注射をするのは辛くなくて、看護...

続きを読む

ふるふるさんのブログを始めから

昨日の朝、元同僚のMちゃんから電話がありました。「一緒にランチ食べない?」と。おかげで楽しいランチができました。私のブログを読んでくれているので「ふるふるさん」のことで私が落ち込んでいるのだろうと気を使ってくれたのです。本当にありがたいことです。Mちゃんはずっと昔に卵巣癌で長く入院したことがありました。1年以上もの大変な闘病でした。Mちゃんの艶々したロングヘアーを見ると、髪の毛が全部抜けてしまった時...

続きを読む

ふるふるさんから頂いたコメント

ふるふるさんの訃報を聞いてから何も手につきません。心からご冥福をお祈りします。長い時間、呆然としていましたが何かふるふるさんについてのことをしたいと思いました。ふるふるさんを懐かしみ、今までに私のブログに頂いたコメントを全部はじめから見てみました。とてもたくさんあるのです。ふるふるさんがブログを始められたのが1月で私が始めたのが3月でした。私がブログ村に入ったのが3月末で初めてのコメントを頂いたの...

続きを読む

スマホのラジコ

「ラジコ」というアプリをご存じでしょうか? ジムへの往復時、最寄りのバス停から35分バスに乗っている間、大体スマホのラジコを聞くことにしています。今放送されている番組を聞くこともできるし過去の番組を聴くこともできます。「タイムフリー」という過去の番組を聴くシステムはとてもよくできていると思います。「オールナイトニッポン」の中の「ナイナイの岡村」と「星野源」の深夜放送が好きです。タイムフリーだとCMや...

続きを読む