記事一覧

サプライズこぼれ話

娘の誕生日のサプライズは大成功でしたが、詳細を聞くと実に綱渡りで「よく実現できたなあ」と感心するばかりです。娘の夫はこのようなことをするタイプではなく、その手間や費用など感心し、心から感謝しています。去年の秋にこのサプライズを思いついたものの、娘が誰と親しいのかそこからわかりません。Mちゃんが娘のアイパッドを見るなどしての活躍で、ある程度はわかったものの結婚式に来ていた中学の時の友達はついにわかり...

続きを読む

診察日、検査結果、KL-6は?

今日は診察日でした。主治医が笑顔で迎えてくれて「又、良くなっていますよ」前回2411だったKLー6が1987になっていました。前回から2週間しか経っていないのに今度は2000を切ったのが嬉しかったです。先生は、病院を引退なさるので今日でお別れです。次の先生への引き継ぎのため、私の病歴を全部掘り起こしてまとめられました。1月下旬から順調に下がって来ているKL−6はメトホルミンのせいであろうと認めて、その...

続きを読む

娘の誕生日に夫と一人娘がサプライズを!

娘の誕生日のことです。「プレゼントとして3月にミラノで開かれる世界フィギュア選手権に3泊くらいで行きたいんだけど」と娘が1月に言ったところ「それはダメだなあ」という返事が夫からありました。理由を言いたくなさそうでしたが「実は君の誕生日にサプライズを計画しているから留守だと困るんだ」って。娘はひどくがっかりしましたが羽生結弦君が欠場となったので結果的には良かったようです。日本人はあまりサプライズをし...

続きを読む

横十軒川でのお花見散歩

桜が満開になりました。桜は「寒い冬だと早く咲く」のだということを初めて知りました。冬が寒いと開花は遅いとばかり思っていたので、突然の開花、間を置かずしてもう満開と言われてびっくりしています。つい2、3日前、真冬のようだったのに。「だんだん春になっていって入学式の頃に咲いてよね」と思います。今日はお天気が良く風もなくて、お花見日和です。近くの横十軒川と仙台堀川の緑道を歩いてきました。 桜には不思...

続きを読む

死生観が変わってきている

「アエラ」で「死生観の変化、自然死の急増」という記事を読みました。1980年代まで病院の数は右肩上がりに増加し「最後は病院で亡くなる」というのが亡くなり方の多数派でした。過剰診療とでもいうべき事態がおきました。医師たちは「1日でも長く生かすための治療」に専念するようになったのです。あちこち管に繋がれた状態になる患者が増えました。20年ほど前、姉や義兄の見舞いに病院を訪れるとどの部屋にもそういう患者...

続きを読む

ステロイド離脱症状なんだろか?

3月18日から1日5ミリの日だったのが「ステロイドなし」の日が一日置きになりました。去年は5ミリの次は4ミリでしたが、今回は5ミリを1日おきにのむのです。昨日はのまない日の2回目、朝からだるくて何もする気がせずゴロゴロしていました。首筋と仙骨のあたりと膝の痛みがひどくて痛み止めは倍の量をのみました。冷たい雨の日ですからどこにも行かないで家にいるのは構わないのですが、これって本当にステロイド離脱症状...

続きを読む

さようなら、Aくん

一昨日はAくんの葬儀でした。肺がんの末期で「あと数ヶ月」と聞いてから、いつかこういう日が来ると覚悟はしていたのですが、ついにそんな日が来てしまいました。1月ごろの私なら、遠くまで電車を乗り継いで葬儀に行くことはとてもできなかったでしょう。最近、肺の具合が良くなって出かけられました。ご遺体と会うのはすごく苦手ですが棺を覗きました。Aくんはすごく痩せて鼻が高くてとてもスッキリした高僧のように見えました。...

続きを読む

今までの数値の推移

一昨年の12月に間質性肺炎と診断されてから、私はステロイドしか飲んでいません。(5日だけピレスパを飲みましたが)ステロイドが間質性肺炎に効果があったのかなかったのかわからないのですが、KLー6はかなり影響を受けていると思われます。わけのわからないステロイドとKLー6の関わり、私の場合を少し振り返ってみたいと思います。2016年12月2日 KLー6が2744とわかりました。12月13日からステロイド25mg...

続きを読む

昨日の検査結果表

昨日の血液検査の結果を載せておきますね。主治医がかなり気まぐれで検査項目が時々あまりに少ないので「先生、全部お願いします」と言っています。相当網羅されていると思うのですがアルブミンがないような気がします。そんな大事な項目がないなんてことがあるでしょうか? 長いこと肝臓の病気の患者でしたのでいつも検査項目のトップにALBがあって、気にしていました。C型肝炎が治ったらASTとALTと共に正常値になりました。飲み...

続きを読む

診察日、奇跡的な検査結果!

今日は1ヶ月ぶりの診察日でした。最近、妙に調子よいので、検査結果が出る前に「絶対いい」と確信していました。レントゲンを見て、主治医が「あれ?良くなってる!」って。「ほら、この辺り、白くなくて黒がはっきりしてるでしょ」素人の私でもわかります。では、では、血液検査は? KLー6は?主治医「あ、こんなに下がってる!」前回3699だったのが今回は2411です。1月9日に4807だったのがどんどん下がってきた...

続きを読む

いい加減な晩御飯だとどうなる?

先日、夕食を作る時間にかなり気持ち悪くなりました。胃のあたりも痛いし全身倦怠感です。「今日は晩御飯作れないから、何とかしてくれる?私は食べられないよ」と連れ合いに言いました。彼は、自分である程度の料理をすることができるので何とかするかと思ったのですが、カップ麺ですませていました。一人分を作る気にはなれないそうです。食材とレシピを揃えてあげれば作るのでしょうが「何もしないとカップ麺になるんだな」とち...

続きを読む

「脳トレ」したら「やる気」が出てきた

このところ疲れ気味で朝からゴロゴロしていました。今日は晴れていて家の中からみると春の日差しを感じました。お出かけ日和ですね。でも気温を見ると外は8度くらいで寒そうです。「図書館に行こうかな」と思っていたのですが、面倒になってしまいました。代わりに「脳トレ」をしました。今日は正方形を四つ折りにして、例えば「右横を斜めに切ったら広げるとどうなっているでしょう?」というような苦手な問題でした。もう一つは...

続きを読む

ジム退会、あっという間に再入会

「お〜い雲よ、どこまで行くんだ?」そのような詩を思い浮かべながら、ジャグジーで空を眺めているのがとても好きです。青い空と白い雲、ふわふわ浮いていたり、どんどん流れたり気持ちがいいです。ビルの26階にあるプールのそばのジャグジーは私の行く時間帯は空いていて大体一人でいます。ボ〜ッと空を眺めていたりお湯の中でいろいろな運動をしたりしています。「ジムをやめないといけないな」「プールにはもう行けないな」と...

続きを読む

脈拍と酸素飽和度せめぎ合い

駅の近くにあるかかりつけ医まで休まないで行くことができました。それなら駅までも行けるのではないかと昨日、久しぶりに駅に行き、電車に乗って出かけました。駅まで歩く時にずっとパルスオキシメーターを指先につけて見ながら歩いたのですが、酸素飽和度は一番低くても83、脈拍120位でした。駅まで休まないで歩けてとても嬉しくなりました。突然、出かけなければならない用事が頻発して出歩いています。酸素飽和度は83よ...

続きを読む

膝激痛、私なりの治し方

数日前、膝がものすごく痛くなりました。立ったり座ったりだけでもひどく痛いと思っていたのですが、ついに「これはもうどうしようもない」と、信頼している整形外科医を訪ねました。その整形外科は私の駆け込み寺のようなところです。C型肝炎のため毎日、強力ミノファーゲン100ミリを注射してもらいに10年以上通いました。先生とも看護師さんとも顔なじみで会うとホッとします。「僕は短命の家系だから長生きしないんだよ、...

続きを読む

緩和ケアに入ったA君へ

A君へ A君!入院しちゃったんだね!びっくりしちゃった。この前、電話で話したのは2月24日だったよね。「A君が25日に入院した」と昨日、聞いて驚いたよ。私との電話の翌日に入院したんだね。電話で話していた最中も、かなり苦しかったんだろうね。話していても息がすごく荒かった!もっともっと真剣に話を聞いたらよかったね。「でも食欲あるんだよ」と聞いて少し安心してしまったの。食べられる間はまだ元気なんだと思...

続きを読む

占いを信じていますか?

占いは信じていないのですが、パラパラとめくった週刊誌に「星座による占い」が書いてありました。ふと読む気になったのが不思議です。読んで見たら水瓶座の運気は最低でした。全体運トラブルの兆しがあるようです。その際にしっかり状況を観察し、よく考えて行動することで、最悪の事態は回避できそう。逆に深く考えず、成り行き任せで対応してしまうと、悲惨な結果を招くことに。今週は慌てず騒がず冷静に行動することが大切です...

続きを読む