記事一覧

いい加減な晩御飯だとどうなる?

先日、夕食を作る時間にかなり気持ち悪くなりました。胃のあたりも痛いし全身倦怠感です。「今日は晩御飯作れないから、何とかしてくれる?私は食べられないよ」と連れ合いに言いました。彼は、自分である程度の料理をすることができるので何とかするかと思ったのですが、カップ麺ですませていました。

一人分を作る気にはなれないそうです。食材とレシピを揃えてあげれば作るのでしょうが「何もしないとカップ麺になるんだな」とちょっとがっかりしました。日頃から栄養バランスを口が酸っぱくなるほど言っているから「いつもタンパク質と野菜が必要」とわかっているかと思ったのですが。「ゆで卵とハムとチーズ、レタスとみかんでも食べるように言えばよかった」と私も反省しました。

連れ合いは10時ごろ寝ようとしたのですが「腹が減って眠れない」とウロウロ食べるものを探していました。やはり夕食はしっかり蛋白質をとらないとお腹が空いてしまうようです。

翌日も私は胃の具合が悪くて、食欲もないし、食べる気になれなかったのですが、細かく刻んだ野菜と鳥肉、卵を入れた雑炊を作り、鯛の煮魚も作りました。その日は夜のウロウロはありませんでした。

連れ合いはものすごくよく食べる人で「何でも残さず全部食べる人」だったのですが、この頃は「あれは好きではない」「これは嫌だ」と人参やトマトその他色々残すようになりました。白いご飯だけを食べるのが苦手のようでカレーライスなど一緒に食べるものが好きなのです。麻婆どうふとかシチュウ、お味噌汁、鍋物、何でもご飯にかけてしまいます。

思うに、食欲が減ってきて、好き嫌いがはっきりしてきて、子供がえりなんでしょうね。幼稚園児のボーヤと思うことにしています。朝、ヨーグルトとりんご、パン、野菜ジュースなどは文句なく食べますが、添えた半分のバナナはいつも残されてしまいます。「たった半分のバナナがなぜ食べられないの?」と聞くと「好きじゃないから」って。

バナナの栄養価はすごくあると思うし私は好きなのでよく食べます。カリウム(筋肉に必要)ビタミンC(風邪予防など)マグネシウム(血圧調整など)セロトニン(情緒安定)ビタミンB(消化液、粘膜など)

「バナナは栄養価がいいのよ」と言っても「好きじゃない」と。

私の胃の不具合はピレスパを飲んでから始まり、逆流性胃炎があるのでなかなか治らないようです。かかりつけ医は「機能性ディスペプシア」と言う、かつては慢性胃炎、神経性胃炎、胃下垂などと言われていたものだと説明していました。それにあう薬を出して頂いたのでかなり良くなってきました。どこが悪くても困るけれど胃の不調は「食べる楽しみ」を奪うし、食べないと元気が出ません。

胃の他に舌の問題もあるのです。舌に数カ所キズのようなものができて、口腔外科に行きうがい薬と軟膏をもらいました。かなりよくなった感じの時に再度行って「大丈夫でしょう」と言われました。それをあざけるかのように翌日から又、悪化してきました。まずいうがい薬でうがいし、真面目に軟膏を塗っているのですがよくなりません。

なかなか痩せない私に、胃の不具合と舌の不調という手で食べられないように「何者か」が味方をしてくれているのかもしれません。2キロ痩せたのであと2キロは痩せたいと思っています。







コメント

コメントの投稿

非公開コメント