記事一覧

「赤毛のアン」を」再び読んで


最近、膝が痛いためと、連れ合いがエスカレーター転落で出かけられないので、家にいることが多くなりました。図書館まで歩くのも辛くて棚にある昔の本を又、読んでみようと思いました。

「赤毛のアン」は中学生の頃の愛読書で、今まで10回以上も読みました。初めて英語で読んだ本でもあります。


何度読んでも、又、気に入った文を見つけます。少し抜き出して見ます。
〜〜〜〜〜〜〜〜


「いま曲がり角にきたのよ。曲がり角をまがったさきになにがあるのかは、わからないの。でも、きっといちばんよいものにちがいないと思うの。

出典『赤毛のアン』名言集 - モンゴメリの世界へ−読書でタイムトラベル

「この世の中にこんなに好きなものがたくさんあるって、すてきじゃない?」

村岡花子訳『赤毛のアン』第二章


出典


出典4travel.jpぼみのティーセット(グリーンゲイブルスの来客用食堂)

「私の経験から言うと、物事は楽しもうと思えば、どんな時でも愉しめるものよ。もちろん、楽しもうと固く決心することが大事よ」


きっとすばらしく美しい話を

聞かせてくれると思うわ。

出典


「なんてすばらしい日でしょうね』とアンはふかぶかと息をすいこんだ。「こんな日に生きているというだけでしあわせじゃないこと?」

村岡花子訳『赤毛のアン』第十五章。

アンの部屋

明日が
まだ何ひとつ失敗をしない
新しい日だと思うと
うれしくない?

第21章P309

ルピナス

何かを楽しみに待つということが、そのうれしいことの半分にあたるのよ。
そのことはほんとうにならないかもしれないけれど、でもそれを待つときの楽しさだけはまちがいなく自分のものですもの。

スエドワード島出典


出典ciaela.wordpress.com毛のアン』第17章 松本侑子訳

グリーンゲイブルス

「ああ、生きているってなんてすてき、そして家に帰るってなんてすばらしいでしょう」

『赤毛のアン』第29章 松本侑子訳

プリンスエドワード島

「今宵はまるで紫色の夢のようね、生きているのが嬉しくなるわ。夜が明けると、朝がいちばんすてきだと思うんだけど、日が暮れると、夕方のほうがきれいに思えるの」

『赤毛のアン』第29章松本侑子訳

「夏の森もいいけど、冬の森も、すてきだわ。真っ白で、静かで、まるで、美しい夢を見ながら眠っているようだわ」

『赤毛のアン』第26章 松本侑子訳






    コメント

    素敵ですね~☆

    赤毛のアン、子供の頃、読んだはずだけど、すっかり忘れていました。

    アンの考え方、とても素敵ですね。
    ポジティブで素晴らしいです。

    やっぱり、楽しく生きなくちゃね~!

    No title

    インマイライフさん

    コメントどうもありがとう。
    ポジティブに楽しく生きたいですね。

    私は多分ステロイド減量のせいで
    食欲なく、痩せてきました。
    食べる楽しみがないので
    少々暗くなっています。

    でも楽しくなることを
    考えています。

    食べる楽しみ

    食べる楽しみがないのは辛いですね。

    私は食べる楽しみだけでけっこう幸せに
    暮らしています。

    しかし、痩せてきたのはうらやましいです。

    私は体重が元に戻ってしまったので、
    また、初心に帰って減量開始です。

    No title

    インマイライフさん

    美味しいものを食べるって本当に
    幸せですね。

    今は食欲がないので、美味しいものを
    我慢しなくても、体重が減っていくのが
    嬉しいです。

    コメントの投稿

    非公開コメント