記事一覧

C型肝炎ウイルス再燃だって!!!

今日は何十年も通っていた肝臓の主治医のところへ半年ぶりに行く日でした。電車の中で『「KLー6はどうなのか」とか「ASTやALTは上がってないか」とか「血小板はちゃんとあるか」などと心配しないで行ける今日のような診察日は気楽でいいなあ』と思っていました。

「ただ先生のお顔を見るだけ」なんていう日だと思っていてハイテンションで「先生!お久しぶりです」なんて入って行ったら、先生、暗い顔! 「み〜なさん。出ちゃったよ」って。
検討もつかず「何が?」って聞いた呑気な私、「ウイルスですよ」「え〜〜〜〜!」

前回11月13日にウイルスが再燃していたのです。半年に1回の予約ですから時間のかかるウイルス量はその日にはわかりませんでした。

一度消えたウイルス、それからもう3年たっています。「もう病院にこなくてもいいよ」と言われていたのに!

「ありえないんだけどなあ」と先生。
前回も今日も肝臓関係の数値は極めて良いのです。

「間違いかもしれない」「時々、検査の間違いがあるんですよ」

「ステロイド飲んでるよね、それが関係してるのかな」

「今日の検査結果を見てから考えましょう。2週間後に電話してください」

なんと、なんと、そんなことがあるんですね。帰り道に今日の血液検査表をじっくり眺めて見ました。半年ごとに受けている血液検査4回分が横並びで出ています。ASTもALTも殆ど同じ正常値におさまっています。ウイルスがいた時はどちらも高かったので、前回の再燃らしき検査結果は何かの間違いなんじゃないかと思えてきました。

以前、娘が20才くらいの時、何かで必要で大病院で検査をしたことがありました。ASTとALTがひどく高くて心配したら他の人の検査結果と入れ違いになったのでした。大病院でも(だから?)そんなことがあるんだな、と思ったので、肝臓の主治医が言われるように「検査間違い」も時にはあるのでしょう。

これからの2週間、ちょっとした(かなりの?)不安を抱えて過ごすことになってしまいました。



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

どうもありがとうございました。
優しさに心を打たれております。

コメントの投稿

非公開コメント