記事一覧

不思議な療法を受けてきました

スポーツクラブの友達が私の膝の具合を聞いて「ぜひ紹介したい人がいるので行ってみてくれない?」と言って名前と電話番号を教えてくれました。「療法などは説明しにくいけど水を抜いたり注射をするよりずっと穏やかなやり方で、み〜なさんには効くと思うから」と。

今日、行ってみました。とても立派なマンション! すごくきれいな先生!静かな気持ちのいい空間で2時間半もその先生と過ごしました。先生というより素敵なタレントのような方です。

実に変わった、不思議な経験でした。

まず本や人体のモデル(骸骨)で説明がありました。骨の歪みについての話でした。筋膜がねじれるとあちこち不具合が出てくるのだそうです。それから私を鏡の前に立たせて私の背骨がとてもずれているという指摘がありました。背骨がまっすぐではなくS字のようにあちこちが曲がっている、ずれている、そのため膝にも痛みが出るということです。仙骨のあたりに痛みの元があるのは足の裏でしっかり体を支えていないからなんだそうです。

今まで先生が見た方の中で私ほど「重心がぐちゃぐちゃな人はいない」と言われました。整体師さんとかマッサージ師さんにいつも「こんなに凝っている人はいません、コンクールに出たら優勝します」と言われているので「そうかもね」と納得です。「足の裏がちゃんと床についていない」と指摘されました。

それを正す方法をまず教わりました。座って、左足を前に出して、その後ろに右足をおいて、縦一本にする。右をむく癖があるので身体をまっすぐにして左肩を巻かないようにする。これを座っているときに常に心がける。

「気を送る、とか、気を受ける、というそういう「気」とは違い、人間は誰も周りにオーラを持っている、そのオーラに働きかけていきます」と言われました。有名人のオーラという意味ではなく誰でも周りに生体が発している電波のようなものがあるそうです。手で少し触れたり、音叉や香りで働きかけてみるそうです。

音叉というのは骨伝導のことらしいです。横たわった私の周囲で、大声を出すのです。(突然、わーとか言われてびっくり!歌のようなのも歌っていました。)

香りというのはローズの香りのついた水を霧吹きのようなもので顔にかけるのです(結構、ビショビショ、あまりメークしてないからいいけどこんなに濡れて大丈夫?)

もし連れ合いがこの治療を受けたら、水を顔にかけられて飛び上がるかもしれません。大声を出されたら笑い出すかもしれません。こういう治療を受け入れる人は少ないんじゃないかなあ。

なんども立ったり座ったり、足を縦ラインにするというのをさせられました。全部で2時間半もかかったのですがそんなに長いとは思いませんでした。

壁にもたれて少し膝を曲げるだけのスクワットを教わりそれを1日10回はするようにとのことでした。

長い時間をかけるのに費用は紹介者の顔もあって6000円でした。毎週通う必要はなく、月に1回でも半年来なくてもいいとか。今日は初回なので私の身体の上側(仰向けに寝た姿勢)しかできなかったので後1回、下を向いた姿勢のをしたいとのことで、2週間後に予約を入れました。先生は予約がびっしりで本当にお忙しそうです。

感想としては「かなり良かった」です。いろいろな療法のいいとこを集めて混ざっているので統一感はないし、もう少し整理してくれれば時間も短くできるのにな、など生意気な感想はあります。先生がとにかく時間をかけて私の体の不具合をなんとかなおしたいと思ってくださるのは伝わってきました。

今、膝は腫れてなくてスッキリしています。
不思議です。

今日、ジムで紹介してくれた人と話したら、あのすごくきれいな先生は、長いことモデルをしていたそうで、腰や膝をいためていろいろな治療を受け、自分で新しい治療法を考えだしたのだそうです。あの美しさは只者ではないと思ったらモデルさんだったのか!なんか納得。自分で痛みを経験している方なので親身になってくださるのですね。医者とか整体師の免状があるとか資格があるのではないけれど私は受け入れられます。

間質性肺炎のような不思議な病気、もしかしたらこういう不思議な療法が効くのかもしれません。膝の痛みとか肝炎のウイルスとか血小板の数とかそういうものにも効くといいな。





コメント

コメントの投稿

非公開コメント