記事一覧

ずっとずっと食欲がないのです

あまりにも食欲がないので、真面目に考えてみることにしました。前のブログを読み返しました。

5月に「食欲がない」という記事を書いています。でも5月と6月はまだ時々は食べられました。5月はステロイドが2ミリになり6月は1ミリに7月はゼロになったので、ステロイド減量のせいだと思っていました。その食欲不振がずっと続いていて、7月8月9月と全く治る気配がありません。きっかけはステロイド減量のせいとしても今はもうステロイドは関係ないと思います。なぜこんなに食欲がないのでしょう?

調べてみたら「食欲不振外来」を設けている病院がありました。家から1時間弱で行けますが、行ったら色々検査されるでしょう。あと1ヶ月もこんな状態が続くなら行ってみようと思います。

食欲不振の原因は大きく分けて4つあるそうです。
1。心因性(ストレスや不安によるもの)
2。機能性(胃や腸の働きの低下によるもの)
3。器質性(癌や内分泌疾患などの病気によるもの)
4。薬剤性(薬の副作用によるもの)

今、1のストレスはないし、3の癌などがあるなら毎月の検査で何処かに異常が出ているでしょう。4の薬の副作用は新しくのみ始めたものはないので違うと思います。すると2の機能性で、胃の働きの低下が残ります。

自分では逆流性食道炎がひどくなったせいだと思っています。胃の内視鏡は5年以上前にしたきりなので、その検査はしてみる必要があるかもしれません。近くに麻酔をして内視鏡検査をしてくれる病院があるかどうか調べたら、歩いて行けるところにありました。いきなり「食欲不振外来」に行くよりまず内視鏡検査をするほうがいいと思います。

麻酔をして内視鏡検査をしてくれる病院が思ったよりたくさんありました。口からより鼻からの方が多いことに気づきました。鼻からのはしたことがないせいか、ウトウト眠っている間に口から検査してもらう方がいいように思います。行こうと思っている病院に問い合わせてみるつもりです。

体重は1月より5月までに4キロ落ち、5月から今までの間に更に5キロ落ちました。ステロイドによって8キロ太ってしまったのをちゃんと元どおりにして更にまだ下がっています。

血液検査ではアルブミンやカルシウム、カリウムなどは基準値に入っているので食べないわりにひどい栄養低下はないようです。朝食は食べられるのでヨーグルトや牛乳、卵、バナナなどで必要な最低限の栄養は取れているのでしょう。

「食べられない」「食べたいと思わない」毎日はとてもつまらないです。



コメント

No title

こんばんわ。

ステロイドの影響で食欲や体重が大きく変動するのは困ったものですね。
私はまだステロイド使った事はありませんが、今日の受診で主治医にその使用可能性を言われてしまいました。
主治医もステロイドは厄介な薬だからあまり使いたくないとの事でした。
でも、病気の治癒に役立つのなら、しょうがない面もあるのですよね。

薬のせいで食べられる様になったり、食べたくなくなったりするのはキツイです。
み〜なさんに、食べたいと思える日が1日も早く戻って来ます様に。

No title

ASANさん

やさしいコメントをありがとうございます。
ステロイドは魔法の薬で、よく効くと同時に
様々な副作用がありますね。

ステロイド10ミリあたりの快適な元気と
食欲は嬉しくなりますが、切れると苦しみます。

ASANさんの主治医先生は、使いたくない
雰囲気ですね。

ASANさんが酸素を労作時以外にも使って
元気でいられますようにと祈っています。

あんなに楽しそうに食べていらしたASANさんが
インスタントで済ませることがあるなんて
ちょっとびっくりしました。

帰り道では美味しいものを見つけられると
いいですね。

コメントの投稿

非公開コメント