記事一覧

今の酸素飽和度

肺については大体、調子いいようなのでしばらく酸素飽和度を測ってみようという気になりませんでした。

でもちょっと咳が出たので気になって測ってみました。なんと97でした!「え?そんなにいいの?」と思ってパルスオキシメーターをじっと見つめていました。すると96、95と下がっていって「やはり下がるんだ」と思ったら、96、97と上がってきて97で落ち着きました。脈拍はずっと70前後です。

1月の息苦しかった時、バス停から家までの道で80を切ることもあった酸素飽和度が、今は見たことのない数字の97なのです。嬉しいというより信じられない思いで何度も測ってしまいました。

「もう一度、酸素飽和度についてしっかり知ろう」と思ってパソコンを開けて何度も色々な記事を読みました。正常値は96〜98と書いてあります。私が92くらいだった時に連れ合いのを測ると97か98あって羨ましいと思っていましたが、今、私の指が97を示しています。

5月から新しく主治医になった先生のおっしゃる通り、私の間質性肺炎は加湿器によるもので、もうその加湿器を使わなければ肺の悪化はないのでしょうか?

今はステロイドもオフェブもピレスパも何ものんでいません。メトホルミンという血糖値を下げる薬はのんでいるのでその影響はあるのかもしれません。メトホルミンが間質性肺炎に良い影響を与えるという学説はありませんがブログ村のゆりりんさんは信じていらっしゃいます。

主治医のいる病院に行くのはまだ先なので近くの病院でKL-6を測って頂こうと思います。KL-6が前回より下がっている気がするのです。そうだったら酸素飽和度の97と合わせて「私にはメトホルミンが効いている」ということになるのでしょう。主治医に言ってもその意見は取り合ってもらえないかと思いますが根気よく言ってみるつもりです。









コメント

こんにちは。

冬場から大分回復されてますね。良かったです。(^O^)

家の中で動いているときの数値、階段登ってからの数値などはどれくらいなんでしょう?
間質性肺炎は安静時は在宅酸素生活前ならば95以上はあることが大半で問題は労作時の低下の度合いが重要です。

そして、その低下度合いは肺拡散機能DLCOと関連してきますから自分は最近はKL6よりも気になります。

もちろん、肺活量低下も悪化の基準として木にするようにしています。

み〜なさんは、かなり自覚的にも調子良さそうなので呼吸機能検査も一度寒くなる前にしておいたらどうでしょう。

たぶんKL6は下降してますね。
自分は早々に四桁もどりです。

No title

ぼっちさん

こんにちは!
コメントありがとうございます。

ぼっちさんの体調はいかがですか?
中で戦いが行われているのは感じますか?
今頃やっつけていると思いますが。

労作時の酸素飽和度の低下が重要なのですね。
階段登ったり家の中を歩き回ったりして
きちんと測ってみようと思います。

DLCOの検査をしたことがないのですが
一度しておいたほうがいいのでしょうね。

私の主治医さんはすっかり安心していて
次回の診察は11月で、呼吸機能検査など
する気は全くないようです。
でも聞いてみようと思います。

ぼっちさんの経過がいいようにと心から祈ります。

コメントの投稿

非公開コメント