加湿器を使う季節になりました。主治医に私の間質性肺炎は「加湿器が原因と思われます」と言われてから加湿器の種類がとても気になっています。先生の説明によると、細菌が繁殖してしまうタイプがあるのです。フィルターやスポンジのあるのはよほど頻繁に掃除をしないとならないようです。中を掃除しやすい単純な方式が衛生的でいいのです。

加湿器の種類を調べて見ました。

main_01-9


加湿器は、主に加湿方法で種類が分かれており「スチーム方式」、「気化方式」、「ハイブリッド方式」、「超音波方式」の4種類があり、それぞれメリットとデメリットがあります。


スチーム方式

スチーム方式は、水を沸騰させ、ミストにして加湿するタイプです。

加湿能力が高い上、蒸気によって細菌を死滅させます

一方、水を沸騰させる必要があるので、ほかのタイプに比べ電気代がかかってしまうのが難点です。また、ミストが残り、結露につながることにも気を配る必要があります。


気化方式

気化方式は、湿気を飛ばし目に見えない形で加湿するタイプです。

電気代が非常に安く済む点がメリット

しかし、湿度を維持する程度の加湿能力しかないものが多くフィルターの手入れも必要なので、必要最低限しか加湿器を使用しない方たち向けです。


ハイブリッド方式

ハイブリッド方式は、スチーム方式と気化方式の両方の特徴を持っており、加湿方法を切り替えできるため、状況に応じた使用ができます。

ただし、本体価格の高いものが多く

気化方式と同様、フィルターの手入れも必要です。


超音波方式

超音波方式は、目に見える冷たい蒸気を飛ばして加湿するタイプです。

電気代の安いことがメリット。

しかし、他のタイプより壊れやすく、水中の雑菌が繁殖しやすいので頻繁な手入れをする必要があります。