記事一覧

低GIチョコレート

低GIチョコレート

低GIチョコレートって聞いたことがありますか?
糖尿病の人でもダイエット中でも食べられるチョコです!

なんてすばらしい話!
糖尿でも食べられるというより、むしろ食事の前に食べると血糖値があがるのを抑えるから推奨されているというのです。

単に広告につられてるのかもしれません。
私はテレビで長嶋一茂さんが話しているので興味をもちました。
(何てミーハー)

医学的エビデンスがあるのかわかりませんが、いいと言われるならやってみましょう。
最近、マスコミでもとりあげられることが多いこのチョコを早速食べてみました。
アマゾンで検索したら、品切れが多かったです!
世の中の人、みなミーハー!

GI値とは、グリセミック・インデックスの略称です。

食後の血糖値が上昇するスピードを測ったもので、ブドウ糖摂取後の血糖値上昇率を100として、相対的に表されます。

GI値が低いほど、血糖値の上昇が遅いのです

低GIチョコレートは、血糖値への影響が少ないため、糖尿病の人でも食べられることで注目されています

また、ダイエット中に食べられることでも話題になっています

食事によって血糖値が上昇すると、体内ではインシュリンが分泌され血糖値を下げようと働きます。

インシュリンには、脂肪を蓄える働きがあるため、過剰分泌されると肥満につながることから、ダイエットのためにはインシュリンの分泌を抑える食事が必要であるとされています。

そのため、血糖値を上げにくい低GI食品の一つとして、低GIチョコレートが注目されているのです。

低GIチョコレートは、2012年頃から徐々に話題となり、2016年2月3日のNHK「あさイチ」で特集されると、一気に関心が高まりました。

ただ、その機能ゆえに、価格は普通のチョコレートに比べて高いのですが。

低GIチョコレートの商品例

・ ドクターズチョコレート

NHKの番組で取り上げられたのがこのチョコレート。

糖尿病患者にも推奨できるチョコレートとして、病院や調剤薬局で販売されています。

放送後、急激に品薄となり、番組放送の5日後には在庫完売となりました。

砂糖を使わず、代わりに天然由来の甘味料マルチトールを使っているためGI値を低く抑えているそうです。

GI値が70以上の食品が高GI、50~70の食品が中GI、55以下の食品が低GI。一般的なチョコレートはGI値が91と高GI食品になりますが、『ドクターズチョコレート』は、ダークがGI26、ミルクがGI36といずれも低GI食品。

その値は、キャベツなどの野菜類と同等の値に匹敵します。



mdt_pmmk_fd_0070_2.jpg imgrc0074259663.jpg


・ 魔法のダイエット


私はアマゾンで「魔法のダイエット」ミルクチョコレートサプリメントを買ってみました。

ガリーカレボー社のベルギー産プレミアムショコラを贅沢に使用したもので、低GI、ノンシュガーだそうです。

GI値は26です。

おいしい!

これを食べた方がいいといわれるなら、やってみます。

小さいのでもっと食べたくなりますが、2、3粒(少ない)で我慢。

少し高くてもしかたがありません。

自分の体で実験してみます。


 
<>

<>
<>

にほんブログ村に参加(無料)



コメント

No title

み~な様

昨年の秋頃に食事前1日2粒ほどを食べました。
誘惑に弱いtatiは物足りなくなり、もっと食べそうなので止めました。
甘いものを食べたい時は小豆とかぼちゃを砂糖抜きで煮て食べていました。
コンビニの0カロリー寒天ゼリーも食事前には良いですね。自家製はうまくない。

No title

tatiさま
こんにちは
チョコ試されたことがあるのですね。
これから1日2粒、今あるだけがんばってみます。

カロリーゼロのゼリーいいですね。
今日買い込んでこようと思います。

かぼちゃと小豆の砂糖抜き(シュガレスならいい?)
やってみます。
ありがとう!

tatiさん、お元気で!



コメントの投稿

非公開コメント